アットベリー 妊娠中

アットベリーは妊娠中に使ってもいいの?

 

 

妊娠すると、急にお肌の黒ずみが出てきたりしますよね。

 

そこで、黒ずみケアのアットベリーを使ってみたい!と思う方も中にはいらっしゃると思います。

 

また、過去や現在進行中でアットベリーを使っているので、また入念に黒ずみケアをしたいという愛用者の方もいらっしゃると思います。

 

妊娠また授乳期にアットベリーを使う事は果たしてどうなんでしょうか?

 

大事なことなので調べておきたいですね。

 

 

アットベリー公式サイトの中では?

 

アットベリーの公式サイトにQ&Aがあり、「妊娠中でも使って平気ですか?」とあり、答えは「専門医にご相談のう上、ご使用ください。」とあります。

 

まったくもって模範解答ではあるんですが・・・

 

 

結論を言いますが、私はなるべく使わない事をお勧めします。

 

 

確かに薬用アットベリーは無添加・無着色。

 

シリコンや石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベンなどお肌に影響が強いものは入っていないという事ですね。

 

しかし、特に妊娠中の妊婦さんの身体はそうでないときと身体の状態が大きく違います。

 

例えば、つわりや乳房のハリや痛み、だるさや味覚の変化など・・・

 

お肌に関していえば

 


ホルモンバランスの乱れにより、皮膚に異常を感じる

 

妊娠中は、肌荒れや角質の硬化、毛穴の開き、そして色素沈着など様々なお肌の不調が起こります。

 

もっと言えば、お手入れしているにも関わらず肌の不調が続く。

 

という状態が続くんです。

 

そんなときにいくら安心な美容液といえど、使うのはどうかな?と思います。

 

そして、妊娠中というアンバランスな時期に、しっかりスキンケア(黒ずみケア)しても思ったような効果が出ないこともあります。

 

逆に、時期を過ぎれば黒ずみなんかは薄くなったりしますので、それから使ったので十分だと思います。

 

それでもアットベリーを使って黒ずみケアをしたい!って方は、医師と充分に相談したうえで、なおかつ二の腕でパッチテストをしてみてから使ってみてください。

 

くれぐれもご自身の判断で使用するのはやめてくださいという事です。

 

あなた一人の身体ではないのですから・・・(^^)

 

追記しておきますが、アットベリーには180日間という非常に長期間の返金保証がついています。

 

これは、女性の身体(お肌)はそういった変化が激しい事も、メーカー側は考慮されているんだと思います。

 

もし使用中になんらかの異常を感じれば返金保証できますので、そちらを利用すればいいですね。

 

 

美肌訴求